男性が多いと言われるIT業界で活躍されている訳ですが、IT業界に入ったきっかけや経緯を教えてください。


社会で働くにあたって、何かしらの技術を身に着けたいと思ていました。女性だからこそ、人に頼ってもらえるような技術をしっかり身につけることで、立場を確立しつつ自信を持って仕事にあたっていきたいと感じていたからです。自分にとっての「技術」は、以前から自分でサイトや動画を作ってパソコンに慣れ親しんでいたのもあったので、「IT関連の技術」でした。ですので、就活の時には未経験者でもOKなIT業界の企業を中心にエントリーしていて、念願かなって入社したのがIT業界に入った経緯です。



実際に働いてみての感想をお願いします。(体力的には?勤務時間は?やってる内容は?困るようなことは?)


やはり、忙しいプロジェクトが多いなあと感じます。今のプロジェクトはそこまで忙しくはないのですが、プロジェクトによっては夜遅くなったり休日出勤が当たり前になったりするので、ツライと感じることもあります。まぁ、それが続けば続いたなりに慣れてしまうのですが(笑) また業務内容に関してですと、今までは既に設計されたものの製造を担当することが多かったのですが、今は設計段階から自分で行っています。いざ自分が設計者になってみると、常に仕様の全体を見たりお客様とのやり取りに気を配ったりしなくてはいけないので、苦手な部分が浮き彫りになってくるのを痛感しています。 ただ、こうした全体の流れに関わることをずっとやってみたいと思っていたので、大変な反面楽しんでもいますね。苦手なところも質問をすればフォローもしてもらえるので、安心して業務にあたることが出来ています。 未熟な部分が多いながらも、こうして新しい経験を詰めるプロジェクトに配属してもらえたことはとてもありがたいと感じています。



女性目線で出産・育児と仕事との両立についておもうところはありますか?


出産・育児というのは大きなイベントなので、仕事に復帰するのは難しそうだと思っていました。ですが他の女性社員が時間短縮などでその育児と仕事を両立させていることを知り、いざ自分がそうなったとしてもRJCでなら実現できそうだと思っています。



RJCに魅力的な福利厚生があれば教えてください。


2年勤続毎に慰労休暇/慰労報奨金のどちらかを選んで受け取れる制度は非常に魅力的だと思います。有給と合わせて一か月近く休暇を取った社員もいると聞きました。まだ勤続年数が一年も経っていないのが残念です(笑) それから、一人一台の携帯電話の貸出もありがたいですね。何かあればいつでも連絡が取れる安心感があります。